血管再生 心筋再生
スタッフのご紹介
川辺淳一
特任教授 川辺 淳一

心血管再生・先端医療開発講座 ごあいさつ

私は、本学を卒業後、循環呼吸神経病態内科(第一内科、小野寺壮吉教授)大学院に進み、臨床医と共に研究医としてのキャリアを開始しました。大学院を卒業した年に米国に留学し、トータルで十年の米国での大学生活の中で多くの世界中の人々と出会い、自分の人生の価値観を大きく変えることになります。時が経ち、“母校のアカデミアを盛り上げたい”という私自身の「夢」を始動したころ、長谷部直幸教授のご尽力により、平成19年に本講座で初めての寄附講座=心血管再生先端医療開発講座という活動の場が用意されました。第一内科同門の関連病院の先生方や関係者のご理解、ご支援で成り立つ日本でもユニークな講座です。

本講座の使命である①第一内科のサイエンス活動の活性化、②サイエンスマインドを持つ優れた臨床医の育成は、私の夢と一致するものでした。さらに、臓器や講座の垣根をこえた研究活動は、第一内科だけでなく本学全体のアカデミアの活性化にも繋がる…。そんな思いもあり、これまでの「心臓や大血管」研究を超えて、体中に分布する「毛細血管」に焦点をあてた研究を展開しています。

現在、本講座には、第一内科だけでなく他の講座の意欲的な若手医師、大学院生も集い、また本学の基礎および臨床含めた複数の講座の研究者との「脈管研究クラスター」活動や他大学との共同研究を通じて、多角的な研究プロジェクトが進行しています。

今後、高齢化社会を背景に、専門分野だけでなく幅広い臨床総合力をもつ医師の育成も必要とされています。そこには、単に「所定の臨床研修」を修めるだけでなく、未解決な問題を切り開くサイエンス力を身につけることが大事です。 循環器だけでなく様々な分野の医師や研究者が集い、幅広い視野を持ちながら未知の医学の世界を切り開く研究経験は、臨床医としての長いキャリアの中で貴重なものになると思います!

一生に一度の人生です。 興味や意欲のある若い医師、研究者の参画を期待しています。

心血管再生・先端医療開発講座
特任教授 川辺 淳一

寄付病院