HOME > 研修医募集 > 入局を決めるまで

入局を決めるまで

入局を決めるまで


菊地医師 プロフィール

1.学生時代と内科に興味をもったきっかけ

旭川で生まれ育ち,身近で憧れていた旭川医科大学に入学しました。
学生時代は6年間軟式テニスに打ち込みました。部活動を通して,医者として必要な体力や,先輩や後輩とのつながりが生まれたように思います。
入学した時は昔からお世話になっていたマイナー科を志望していましたが,臨床実習を回るにつれて,全身を診て,目の前で倒れた人にすぐに手を差し伸べられる医者になりたいと考えるようになりました。

2.研修内容と第1内科に決めた理由

卒業後,旭川医大で初期研修をはじめました。研修医1年目に興味のある科を回り,実際に働いている女性医師の姿を見て,自分のライフプランを考えようと思いました。なかでも脳神経内科は,全身の診察を丹念に行い病巣を突き止めるという学問としての面白さや,女性医師が子育てをしながらのびのびと実力を発揮されているのをみて,自分もここで働きたいと思うようになりました。第一内科は循環器内科や呼吸器内科,腎臓内科と幅広い分野をカバーしており,大変ながらも,全身を診る勉強をするのに適した環境だと思い,入局を決めました。

3.入局前研修医や学生さんへメッセージ

卒後4年目となり,病棟での診療や,出張医として内科外来を担当しており,充実した毎日を送っています。大学では臨床はもちろんのこと,臨床研究や基礎研究を行っていたり,忙しい日々のなか論文を書いている先生も多く,たくさんの刺激を受けられる場所だと思います。入局は大きな決断となりますが,幅広く全身を診られる内科医になりたいという方に第一内科はぴったりだと思います。これから第一内科の仲間が増えることを楽しみにしています。

 


鈴木医師 プロフィール

1.学生時代と内科に興味をもったきっかけ

学生時代は部活をしたり道内を巡ったり勉強会を開く中で今でも頼れる良き同輩を得ました。学年が上がるにつれ勉強してきたこと一つ一つが繋がっていくことがわかり、内科であればそんな楽しさが勉強するほど味わえ、生涯興味を持ち続けられそうだと思い漠然と内科になりたいと考えていました。臨床実習では患者さんとの話を通して考えさせられることが多く、患者さんと長く付き合っていける科が良いなと考えるようになりました。

2.研修内容と第1内科に決めた理由

内科を中心にローテーションをし、腎臓内科の他、血液内科、膠原病内科をまわりましたが、病態をじっくり考える機会が多く内科の基礎的な考え方を習うことができました。
麻酔科では全身管理を学び、皮膚科では実際に創を縫ったり、病棟で良く見る皮疹の鑑別を学ぶなど、研修後も役立つ経験ができました。救急科では方針を決め兼ねる症例もあり、多種多様な症例を見ることで総合的に考えることが楽しく充実した研修となりました。


第一内科は腎臓内科以外にも循環・呼吸・神経と密接に関わる分野が集まっているため総合的な力がつけられそうだと思いました。また、先生方も指導に熱心で理想的な環境だと思い決めました。入局後は旭川リハビリテーション病院、北彩都病院で1ヶ月ずつ研修し、透析のシャント形成術や閉塞部の処置を体験したり、大学にはない腹膜透析を学んだりと、将来の志望に合わせた研修をさせて頂き3年目への自信がつきました。

3.どんな医師を目指してますか?入局前研修医や学生さんへ

腎疾患の多くは生活の中で病気と上手く付き合うことが必要なので相談しやすいことを大事に、また複数の疾患が重なりうるので分野に限らず総合的な診療ができる医師を目指したいです。第一内科は頑張る人をサポートしてくれる体制があります。臨床実習や研修でやりたいことがあれば、ぜひ相談してください。迷うこともあると思いますが好きなことを突き詰めていけばきっとこの先楽しいです。ぜひ興味を持ってもらえると嬉しいです。