HOME > 病気と治療 > パーキンソン病(ぱーきんそんびょう)

パーキンソン病(ぱーきんそんびょう)

パーキンソン病は初老期以降の成人に多い脳の病気です。

振戦(ふるえ)・動作緩慢・筋強剛(筋肉のこわばり)・姿勢反射障害(転びやすさ)を特徴とする病気です。診断と治療には神経内科専門医の適切な診療が必要です。

また、当院では線条体シンチグラフィーをはじめとした最新機器によってより精密・正確な診断評価ができます。

今日では多くのパーキンソン病治療薬が使えるようになっていますので、患者さん一人一人に合わせてきめ細かな治療ができるようになっています。